クオタ機関

アニメの感想を書き殴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Ergo Proxy -エルゴプラクシー-

第1話 はじまりの鼓動/awakening
「その時、全てを理解した。創造主の仕組んだ、悪意の全てを。我々にはそれに抗う事は出来ない。ただ……ただ、彼らには罰を与えなければならない。始まりの鼓動が聞こえる」

都市に響く「より、多くの物を捨てましょう」という放送。
何故、そうしなければならないんでしょう?

惑星の環境悪化により、建設されたドーム型都市「ロムド」
ergo1-1
市民情報局職員のリル・メイヤーは、「オートレイヴ」のイギーの運転する車で仕事へと向かっていた。
オートレイヴというのは人の言う事を聞くロボットのようです。
ところで、リルの目の周りが青いのは何故なんでしょう? そういうメイクなのかな?

ビンセント・ロウは「良き市民」となる為、オートレイヴのドロシーの言う事を聞き、仕事をしていた。
ergo1-2
そこに来たリルはオートレイヴに頼るのを止め、もっと人と関わる努力をするように言う。
どうやら、リルは結構な身分なようですね。

コギトというウイルスに侵されたオートレイヴは、自我に芽生える。その際には、死を覚悟して天に祈るという。
リルはビンセントに「モスコ」の匂いがするものは外せと言う。

コギトに感染したオートレイヴの逃走予想範囲に到着するリルとイギー。
リル達が扉を開けた先に居たのは、男と愛玩用オートレイヴ「メアリィ」だけだった。
ergo1-3
部屋を出て階段を上がったところで、リルに正体不明の怪物が襲い掛かってくる。
銃を撃つが、窓ガラスを割って怪物は逃走する。
戦闘シーンは結構良い感じです。
ergo1-4
怪物が消えた直後、そこに来たメアリィが手を合わせ祈っているのをリルは目撃する。
その後、メアリィは階段から飛び降り、逃亡する。

ビンセントはとある夫人のオートレイヴの解析をする。
ergo1-5
感染の兆候は無いので、オートレイヴを回収する事は出来ないと言う。
夫人はビンセントが「移民」である事でいびる。
移民は元から居た人間より、社会的地位が低いようです。

警備局長のラウルは「プラクシー」の捕獲を命じられる。
ergo1-6
ラウルは「万が一の場合は殺害の許可を」と言うが、決して殺してはならないと言われる。
最後に彼は「プラクシーとは一体……?」と質問する。
この人も知らないまま聞いてたのかw
市民が不足するなら増産すれば良いとお偉いさんが言ってますが、ロムド市民は人造人間なんでしょうか?

市民斬殺現場を調べるリル。
彼女は犯人は感染オートレイヴではないと考えた。
詳しく調べようとするが、イギーによって止められる。
イギーには、リルがやり過ぎないよう見張るという役目もあるのかな?

一日が終わり、入浴しようとするリル。
彼女がふと鏡を見ると、そこには「awakening」と書かれていた。
驚愕する彼女に壁を打ち破り、襲い掛かる仮面を付けた怪物。
化け物はリルを見ながら涙を流した。
そこにもう一体、今度は仕事中にリルを襲った奴が襲来する。
戦い合う二匹の怪物を見て、リルは気を失った。
ergo1-7
ガラスが飛び散る中、向かい合う二匹の怪物。なんか凄い格好良く見えました。


ぶっちゃけ、何が何だか分からないw
というか画面暗すぎでしょw
進んでいくにつれて面白くなってくれる事を祈ります。



Ergo Proxy 1 初回限定版 [DVD]Ergo Proxy 1 初回限定版 [DVD]
(2006/05/25)
斉藤梨絵矢島晶子

商品詳細を見る

Ergo Proxy OST opus01Ergo Proxy OST opus01
(2006/05/25)
TVサントラRadiohead

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/11/15(日) 22:35:29|
  2. 感想:Ergo Proxy
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<課長王子 | ホーム | スピードグラファー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akamiri.blog67.fc2.com/tb.php/99-38d90dd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。