クオタ機関

アニメの感想を書き殴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DARKER THAN BLACK -黒の契約者-

第25話 死神の見る夢は、黒より暗い暗闇か?
契約者と人間の戦いを見ていた斉藤と河野。
そこに車に乗った松本が来る。
後部座席には人数分の防弾チョッキと銃が置いてあった。
「分かってんだろ。契約者だけが相手じゃねえぞ」 松本さんかっこいいよ。

ゲートの中心で会話する黒とアンバー。
天国戦争を何度も経験したというのは、やはり能力を使ってでしょうか?
darker25-1
パイも仲間だったとアンバーは言う。
組織の計画を最初に知ったのはパイだったのだ。
パイは黒が組織の命令に従う度に、パイは傷つき、悲しんだと言う。
何故、今まで話さなかったと言う黒。
アンバーは「今じゃなきゃ私の話信じられなかったでしょ」と言う。
それに、それを言えば黒は組織から抜けようとするから。
本当に黒の事を考えて行動しているなあ。

PANDORAはサターン・システムを作動させる。
アンバーは砕く前の形に再生された流星の欠片を取り出す。
アンバーに流星の欠片を差し出され、戸惑う黒。
「嘘。もう気付いている筈だよ。パイはずっと黒の中にいる。彼女が死んだと黒が思ったあの時から。ずっと」
やっぱり神社で話したのは文字通りの意味でしたか。
電撃はパイの能力の始まりの部分でしかなかった。
darker25-2
アンバーは「パイに会いに行こう」と黒に言う。
黒がパイに会うことを望めば、この街と住人は消えさる事になる。
黒はそんな事は出来ないと言う。
霧原に語ったとおり、この街に愛着が出来ちゃったんですね。

シュレーダーによりカウントダウンが始まる。
中核地点の映像に映る黒達。
「待ってください。BK201はエクスプロージョンを引き起こさない。彼は戸惑ってます。お願い、待って」
霧原は止めようとするが、宝来に引き止められる。
反ゲート粒子が撃ち込まれる寸前、アンバーは黒に流星の欠片を押し付ける。
darker25-3
そして次の瞬間、東京は光に包まれる。

幼くなった黒は光に包まれた空間を歩く。
ニックが消えた空間と一緒の所でしょうか?
darker25-4
頭上には、かつての星空が煌いていた。
「嫌だ、嫌だよ……。こんな事したくなかったよ。消えて欲しくなかったよお……」
黒は泣き出した。
パイに「どうしたの?」と言われる。 幼い黒は「どうもしない」と返すが、嘘だと言われる。
「だったら、どうしてお兄ちゃんは泣いてるの?私、本当は気づいてた。お兄ちゃんが誰も殺したくないってこと。契約者になった私を受け入れるためにしたくもないことをお兄ちゃんはしているって」
黒がパイを殺そうとしたのは、自分の方が人を殺すのに耐え切れなくなったから?
darker25-5
「俺は黒の死神だ」と強がる黒の仮面を外し、「もう無理しないで」とパイは言う。
「全く無理しやがって。無理して粋がってんじゃねえよ!!お前のそのどっちつかずの態度に俺がどれだけ振り回されたか分かってんのか!!」
darker25-6
黄―!!
「だが、それが黒の面白いところでもある」
darker25-7
猫―!!
「でも、まさかその存在までもがどっちつかずだとは思わなかった。通りで契約者らしくないって思ったがね」
darker25-8
ノーベンバーにハヴォックまで…
ああ… 皆が、皆がいる。
darker25-9


「ただの人間のお前が契約者のフリなんかするから話がややこしくなるんだ。どっちか一方が無理なら両方取れ」
「契約者らしく、そして人間らしく」
darker25-10
黄と猫にそう言われ、ニックに手を差し伸べられる黒。
アンバーに本当にそれで良いのか?と確認される。
両方を選べば困難しか待ち受けていない。黒はまた嫌だと言っていた人殺しをせざるを得なくなる。
darker25-11
そう言うアンバーを黒は抱きしめる。
「どうして…?あなたはずっと望んでいたはずだったのに…だから私は…」
アンバーは黒の望みを叶える為、戦っていたという事でしょうか?
本当に黒の事を愛してたんだなあ。
「本当は君が彼を手放したくなかったんじゃないのか?」とノーベンバーは言う。
例え死んでも、ノーベンバーはノーベンバーですねw
アンバーは最後にキスをして、パイの元に戻る。

「さよなら、お兄ちゃん」
「さよなら、シン。さよなら、皆。さよなら、アンバー」
シンと言うのがパイの本名でしょうか?

黒は皆に別れを告げ、空間が変わり黒は吸い込まれそうになる。
暗闇の中で銀の声が聞こえる。
「黒、帰ってきて。私を一人にしないで!」
darker25-12
黒は手の形になった観測霊を掴む。
おお、ここにきて銀がヒロインっぽくなったw
けど黒が目を覚ました時には、いつもどおりの銀なんだよなw

アンバーは最後の能力を使い、服だけ残して消滅する。
愛する黒の為に…… アンバーも契約者らしくない契約者だったなあ。

再びカウントダウンが始まる。
先ほどと違うのは、中心地に黒達が居ない事。
カウントダウンは止まらず、霧原も同じように引き止められる。
だが、サターン・システムは起動しなかった。
darker25-13
サターン・リング内から光が満ち溢れていく。
そう、それは黒の仕業だった。

西島は第2射の準備をしようとするが、シュレーダーに無駄だと言われる。
システム内の反ゲート粒子は黒によって変異させられていた。
おどけた風に言うシュレーダーを殴り飛ばす西島。
気持ちは分かりますけどw
darker25-14
宝来は失敗した西島を射殺する。

「我々は潜入捜査をしていた。対象はこのエリック西島。容疑は国連法違反と内乱罪だ」
エリックが自殺したように見せかける宝来。
本当に悪どいなあ、組織は。
宝来を逮捕する為、霧原は宝来と会話し、その会話を録音する。
だが逆に宝来に殺されかける。
宝来の手袋の下は、義手だったようです。 いや、義手というよりサイボーグかw
darker25-15
その時、宝来の腕をワイヤーが縛る。
黒が駆け付け、宝来を気絶させる。

「待って、李くん」
逃げようとする黒を霧原は呼び止める。
「李という男はもういない」
そう言って黒は去る。

その後も契約者の犯罪は増加の一途を辿っている。
契約者を捕まえようとする公安。
能力も捕まえ方も第1話を思い出させてくれます。
あの事件により、契約者の存在は世の人達に知られたようです。

黒は強制送還の名目で海月荘から出ていた。
darker25-16
霧原が黒の部屋の窓から見たのは、この街の風景。
そして霧原は道を歩いている黒を見つける。
「私達は同じ道を選んだのだろうか。共に生きるという道を。聞きたい、その事を彼の口から」
darker25-17
霧原は追いかけるも、曲がり角で見失ってしまう。

エサを食べていた黒猫を持ち上げる手。
持ち上げたのが銀だといいなあ……

霧原が走って行った橋の下。
darker25-18
銀の姿をした観測霊は静かに消えた。


最後まで、ゲートやら組織やらドールやら契約者については明かされませんでした。
それでも、もやもや感はありませんでした。
DTBはゲートの謎とかがテーマの作品では無かったですから。

結局、宝来の言うとおりに契約者の犯罪は増えてしまいました。
契約者の存在が知られる事になったのも善し悪しあるんでしょう。
けど、案外人々は変わらないんじゃないでしょうか。 星空が変わった時と同様に。
私はそう思います。




DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Blu-ray BOXDARKER THAN BLACK-黒の契約者- Blu-ray BOX
(2009/09/30)
木内秀信福圓美里

商品詳細を見る

DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 9(最終巻) [DVD]DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 9(最終巻) [DVD]
(2008/03/26)
木内秀信福圓美里

商品詳細を見る

DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 劇伴DARKER THAN BLACK-黒の契約者- 劇伴
(2007/07/25)
TVサントラRie fu

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:DARKER THAN BLACK - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/11/11(水) 17:28:03|
  2. 感想:DARKER THAN BLACK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<精霊の守り人 | ホーム | 無限のリヴァイアス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akamiri.blog67.fc2.com/tb.php/92-d6830f83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。