クオタ機関

アニメの感想を書き殴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無限のリヴァイアス

Sere25 おれであるために
infinity25-1
リヴァイアス艦内に乗り込んでくる軌道保安庁。
昴治はリフト艦に行く為に、ユイリィにハッチを開いてくれるようお願いする。

リヴァイアスのV・G「アインヴァルト」は、ゲシュペンストのV・G「ガイスト」によって右腕を引き千切られる。
艦内ではトリモチ銃により子供達が捕まえられていた。
ユイリィは悩んだ末、ハッチを開ける。

ガイストはヴァイアを使い、損傷を修復させる。
それを見て驚く面々。
ヘイガー、完全体になりつつあるってどうしてそんな事が分かるんだw

infinity25-2
ブリッジに入ってくる軌道保安庁。だが、後ろからブルーによって倒される。
出て行こうとするブルーに、ユイリィはここに居て欲しいと言う。
「今、お前がしなければならない事はなんだ?」
ブルーはバンダナを持ってブリッジから出て行く。
「彼を一人で行かせる訳にはいかない。私も外で迎え撃つ」
ルクスン格好良いよ。前のルクスンだったら、絶対ブルーに文句とか言ってたのに。
パットにも格好良いと言ってもらえました。
チャーリーやニックス、ジョンソンも一緒に行くと志願する。
ブルーと共に突撃するルクスン達。
infinity25-3
「私にはもう失うものなんて何も無いんだああああああ!」

作業艇の中であおいに話しかける昴治。
祐希と喧嘩してから、何かあってもちょっと我慢すれば良い、仕方ないかって思ってきたと語る。
だけど、それじゃ駄目なんだとようやく分かったと言う。

強力な重力フィールドを撃ち出してくるガイスト。
アインヴァルトの頭部は爆発してしまう。
ネーヤはゲシュペンストのスフィクスにやめてと言う。
「こんな事しても意味が無い。意味なんか無いよお……お願い」
infinity25-4
ガイストがアインヴァルトを貫くのと同時に、スフィクスの腕もネーヤを貫く。

祐希はアインヴァルトをガイストにぶつけようとする。
「こんな事やっても、楽しくないよお…。」
ネーヤの言葉にはっとするスフィクス。
ガイストのパペットワイヤーが切り離されていく。
スフィクスが行動をやめたからでしょうか?
infinity25-5
二つのV・Gはフィールドを張らないまま、ぶつかり合い消滅する。

昴治はあおいを部屋に閉じ込める。
自分の腕の傷はイクミによるものだと言い、謝りながら一人で先に進む。
あおいの身を案じての行動でしょうね。

コンラッドはゲシュペンストでリヴァイアスを押し潰そうとする。
そこにネーヤが来る。
infinity25-6
ネーヤのメタルコートが壊れ、髪の毛が解ける。
コンラッドがハッとしていたのは娘と似ていたからですね。

無茶な戦闘を非難したチックを殴る祐希。
ブライアンは怒るが、イクミに銃を突き付けられる。
「撃ってみろよ。てめえに撃てる訳ねえだろ!」
詰め寄るブライアンをイクミは撃つ。
おいおい、周りの奴らも流石に引いてるぞ……
そこに昴治がやって来る。

「死んだ筈だ。アンジュは死んだ筈だ」
娘と瓜二つのネーヤを見て、コンラッドは笑い出す。
「この紛い物がっ!」 そして銃を突き付ける。
だが、引鉄を引く事は出来なかった。
infinity25-7
ブリッジの総員にリヴァイアスの子供達の救助を頼み、コンラッドは自分の頭に銃を向ける。
コンラッドがネーヤを殺さなかったのには、もう少し描写が欲しかったなあ。
まあ、娘の復讐の為に子供達を殺そうとしたほどの人だから、例え偽物だったとしても娘の姿をしたネーヤを撃てる筈が無かったんでしょう。
後、スフィクスが活動を停止しバックヤードがなくなり精神的に落ち着いたとか?

「行ってあげて」
ネーヤはあおいが閉じ込められた部屋の扉を開ける。
昴治はみんなに投降を呼びかける。
「まだ、過去に縛られているの?」と言うファイナに、過去は捨てられないと昴治は説く。
infinity25-8
ファイナは昴治を捕まえ、イクミに昴治を撃つよう言う。
この女、本当にひどいなw
昴治が今までの行いに気付いていたと悟ったファイナは、呆然と崩れ落ちる。
昴治はここにあおいや自分を見捨てた者が居ると言う。
祐希は昴治に詰め寄り、あおいの無事を確認する。
ヘイガーは自分のした事を正当化しようとするが、周囲の目に怯える。
普段みたく平然としていればいいんじゃないでしょうかw

「片意地張って生きたくないんだ。好きにしてたいんだ。ミスって落ち込んで、怒る事もあるけど、でも俺はそんな俺でも良いと思ってる。例え傷ついても、俺は誰かを傷つけたくなんかないんだ。だから、投降しよう。イクミ」
infinity25-9
昴治はイクミに投降を呼びかける。
昴治が少し格好良過ぎるんじゃないでしょうかw
「お前みたいな奴が俺の前に現れたら駄目だよ。駄目なんだよ…」
イクミは昴治に銃を突き付ける。

その光景を目の当たりにしたあおいは悲鳴をあげる。
見て見ぬ振りをしようとする祐希を必死に説得するカレン。
ここまできてもまだ見過ごそうとしますか…
infinity25-10
銃が撃たれる寸前、何とかイクミを止める祐希。
「やめろ祐希。イクミの好きにさせてやってくれ。頼む」
再びイクミが銃を向けた時、救助を命じられた軌道保安庁とユイリィ達がやってくる。
こずえにもう無理をしなくて良いと言われ、イクミは崩れ落ちる。
infinity25-11
泣き出したイクミを抱き締める昴治。
いや、ここはこずえが抱き締めるべきでしょwww こずえ、顔背けるなw

ベルコビッチは逮捕され、ヴァイア計画は明らかにされる。
2225年12月16日、昴治達の旅は終わりを告げた。

さて、今回でとうとう長きに渡る逃避行が終わりを告げました。
あとは最終回を残すのみですが、一体これ以上何をやるんでしょう?
登場人物達のその後の様子が無難なところでしょうか?



EMOTION the Best 無限のリヴァイアス DVD-BOXEMOTION the Best 無限のリヴァイアス DVD-BOX
(2009/11/25)
白鳥 哲保志総一朗

商品詳細を見る

無限のリヴァイアス Vol.9 [DVD]
無限のリヴァイアス Vol.9 [DVD]
(2000/12/21)
白鳥哲保志総一朗

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/11/11(水) 10:31:41|
  2. 感想:無限のリヴァイアス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<DARKER THAN BLACK -黒の契約者- | ホーム | 灰羽連盟(終)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akamiri.blog67.fc2.com/tb.php/91-7f1f291e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。