クオタ機関

アニメの感想を書き殴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

灰羽連盟

第11話 別離・心の闇・かげがえのないもの
年少組のダイを廃工場へ連れて行くラッカ。
haibane11-1
元気の無いレキをダイは心配する。
「そんなに遠くに行く訳でも無いのに」と言う言葉に考え込むラッカ。
クウの事を考えたのでしょうか?

廃工場で爆竹の歓迎を受けるラッカ。
話に出た通り、がさつな男子が多いようです。
ラッカはヒカリが作ったパンを渡す。
haibane11-2
ダイはヒョコと一緒にスケートボードの練習をする。

廃工場から去ろうとするラッカに、ミドリが傘を返しに来る。
haibane11-3
ミドリに聞かれ、レキとヒョコの間について自分が聞いた事を話す。
レキがヒョコを巻き込んだせいで、ヒョコは危うく死ぬところだったとミドリは話す。
レキはそんなひどい事しないとラッカは言うが、逆にレキの事を何も分かっていないと言われる。

レキの苦しみに気付けず、頼ってばかりいた事を悔やむラッカ。
考え事をしている内に船が流れてしまう。
流れが意外と速いなw
haibane11-4
止めようとするが、そのまま船に落ちてしまう。

船が辿り着いた先にあったのは、沢山の文字が書いてある札だった。
この文字を見覚えが有るとしたら、やっぱり図書館でしょうか?
ラッカが札を見ていると風が吹き、水面に波紋が広がり、何処からか笑い声が聞こえてくる。
haibane11-5
これが話師が言っていたものでしょうか?
それは徐々に遠ざかっていった。

ラッカは仕事を終え、寺院から出る。
歩きながら話師とレキについて話す。
haibane11-6
レキは自分一人で心の闇と向き合わなければならない。それはつらい試練だと話師は言う。
レキにはもう時間が残されていない。この冬が明ける頃には結論が出ている筈だ。
その時、迷いが残っていれば此処に残る。だがそれは羽と光輪を失い、人とも灰羽とも交われずに老いて死ぬ事を意味する。
巣立てなかった灰羽の末路が明かされました。
haibane11-7
もしかして話師もその一人なんでしょうか?
自分のようになって欲しくないから、灰羽が巣立ってくれるよう願っているとか。

自分を助けてくれたレキを救いたいと言うラッカ。
話師はレキを救うという事は、別れを告げる事と同じだと言う。
レキがこの地を去れば、二度と会う事は無いかもしれない。その覚悟は有るかと問われる。

迎えに来ていたレキ。
彼女は新しい絵の具を買っていた。
ラッカはレキにミドリから渡された傘を返す。
バイクの上でミドリについて話すレキ。
haibane11-8
光輪が薄まってきているのに気付いたラッカはレキに「頑張るから」と言う。
これは巣立ちなのか、それとも羽と光輪を失う方なのか? おそらくは前者でしょうけど。
だとしたらレキは一人で問題を解決しそうなんですか。 強いなあ、レキは。

翌日、ネムは風邪をひいていた。
ネムがレキが居ない事を聞くと、絵を描いているんだとヒカリが教える。
ラッカはネムの風邪を図書館に伝えに行く事になる。
カナを利用するとは、ラッカも結構いい性格してますねw

カナの自転車から降り、図書館へ向かうラッカ。
館長と思わしき人に伝えた後、ラッカは以前にも見た、石で出来た本を見つめる。
スミカがラッカを見かけて声を掛けてくる。
haibane11-9
ラッカが見ていたのは本の化石と言い、西の森の奥にあった遺跡で見つかったものだった。
書いてあるのは文字とも絵画とも言われているが、もし絵だとしたら人の手だとすみかは言う。
あの札とも何か関係が有りそうですが……

レキが街を歩いていると、スケートボードの練習をしているダイとヒョコの姿が見える。
ラッカは一瞬ミドリの言葉を思い出すも、レキに声を掛ける。
二人はネムのお見舞いの事などで笑いあう。
ラッカは「明日が来なければ良いのに」と呟く。
次の日も、その次の日もずっと今日ならレキと一緒に居られると話す。
haibane11-10
「永遠なんて有り得ないよ」
それを聞いてレキはそう言う。
今が今しかないから、この瞬間がこんなに大事なんだと話す。
レキはもう達観しているんだなあ。

レキと別れたラッカは走り出す。
座り込み泣き出してしまう。
ラッカは自分に泣いちゃ駄目だ、笑えと言い聞かせる。
一番辛い筈のレキにあんな事言われたんじゃな……

haibane11-11
レキは眠っているネムにクラモリへの謝罪とお礼を頼み、部屋を出て行く。
そっちへは行けそうにないと言うのは、どういう意味なんでしょう?

「もう、終わりにしよう」
レキはそう言って部屋の中に入る。


今回は全体的に別れの雰囲気が漂い、見ててもの悲しくなってきました。
まあ、それだけこの作品の雰囲気が素晴らしいという事ですが。



灰羽連盟 TV-BOX [DVD]灰羽連盟 TV-BOX [DVD]
(2007/03/21)
広橋涼野田順子

商品詳細を見る

灰羽連盟 COG.5 [DVD]灰羽連盟 COG.5 [DVD]
(2003/04/25)
広橋涼野田順子

商品詳細を見る

灰羽連盟 サウンドトラック ハネノネ灰羽連盟 サウンドトラック ハネノネ
(2002/12/21)
TVサントラHeart of Air

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/11/05(木) 17:47:23|
  2. 感想:灰羽連盟
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<無限のリヴァイアス | ホーム | ココロ図書館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akamiri.blog67.fc2.com/tb.php/82-0d695809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。