クオタ機関

アニメの感想を書き殴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ココロ図書館

第6話 コンパロイドの司書
こころが司書研修に行く事になる。
いいなとあるとに見送られながら出発する。
kokoro6-1
SLとは古いなあw

図書館でのルームメイトはコンパロイドの朱音だった。
kokoro6-2
あれ、こういうのも有りな世界観だったんだ。

こころと朱音は他の人とは別の研修を受ける事となる。
その内容とは明日1日の図書館での司書業務だった。

明日の為に練習する二人。
朱音は最後のありがとうはいらないと言う。
問題なのはリファレンスサービスだった。
こころが貸し出しを、朱音がリファレンスを担当する事になる。
朱音、頼りがいのある人です。

夜、ココロ図書館に電話するこころ。
電話し終えたこころは朱音に明日上手くいくかどうか聞く。
あの耳みたいなのは充電用だったんですかw
朱音は約40%だと言う。
成功率が低いですねwww これじゃ慰めにならないよw

翌日、試験を受ける二人。
順調に進み昼食休憩に入る。
kokoro6-3
朱音には遅れているとか言われますがw

利用者のおばあさんが探している本は返却日を過ぎても返されていなかった。
こころは直接返してもらいに図書館を出て行く。
おいおいwww

こころは道に迷ってしまい雨に降られてしまう。
そこに傘を持った朱音が現れる。
彼女は返却してもらった本を持っていた。

おばあさんに本を持っていく二人。
kokoro6-4
こころだけでなく朱音もありがとうございましたと言う。
朱音は今の行為は間違っていないと言う。
こころと接している内に朱音も変わってきたようです。

試験官のひびきは二人を合格させる事は出来ないと言う。
ひびきは二人の試験結果を次回の司書研修まで保留すると言う。
二人はひびきに記念写真を撮ってもらう。
ひびきさん、良い人だ。
kokoro6-5
写真にはこころと朱音の笑顔が写される。



ココロ図書館(4) [DVD]ココロ図書館(4) [DVD]
(2002/04/24)
斎藤千和市原由美

商品詳細を見る

ココロ図書館 ORIGINAL SOUNDTRACKココロ図書館 ORIGINAL SOUNDTRACK
(2001/12/19)
TVサントラ山野裕子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/10/26(月) 10:15:17|
  2. 感想:ココロ図書館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<灰羽連盟 | ホーム | 無限のリヴァイアス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akamiri.blog67.fc2.com/tb.php/61-078f3f7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。