クオタ機関

アニメの感想を書き殴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ココロ図書館

第2話 今の私にできること
配達員の上沢さんから、本の新刊を受け取るこころ。
あるとと騒いでいたが、いいなが来るとあからさまに態度を変える。
kokoro02-1
下心が丸見えですよ、上沢さんw

段々と減っていく利用者の数に危機感を募らせるあると。
利用者を増やす方法を巡って争うあるとといいな。
こころは図書館の宣伝をする事を提案する。
各自、どんな宣伝をするか考えて明日発表することになる。

翌日の発表会。
いいなが考えた利用者を増やす方法は催し物をする事だった。
色々と無理がありますよw 拍手してるこころは純粋過ぎる。
あるとが考えたのは、三姉妹による利用者へのケアだった。
だが、いいなにより却下される。
kokoro02-2
いいなさん、凄い想像力だなw なんだよ、このイメージwww
こころが考えたのはチラシを街に配る事だった。

あるとはイラストを完成させる。
そのイラストは、小説家兼イラストレーターのひめみやきりん先生の絵柄に似ていた。
kokoro02-3
いや、おそらく本人でしょうw

上沢さんに配達ついでにチラシを配ってくれるようお願いする。
kokoro02-4
最初は渋っていた上沢さんだが、いいなが見ていることに気付き快諾する。
この人分かりやすいなあw

チラシ程度で利用者が押し寄せて来る訳が無いと言うあると。
kokoro02-5
それを聞いてしまったこころは図書館から走り出す。
二人の姉はこころを探しに行く。
こころは木の下で眠ってしまう。

目を覚ましたこころが図書館に帰ると、そこには友人の朱葉とその母みどりが居た。
kokoro02-6
二人がチラシを見て来てくれた事が嬉しくて涙を流すこころ。
朱葉は「私達だけじゃないよ」と言う。
こころが外を見ると、そこには車で賭け付けた人々が列を作っていた。
どういう事なのか、いいなに聞くあると。
「言ったでしょ。ココロ図書館は奇跡を起こせるって」
いいなはそう言う。
父はどうしても困ったら街に手紙を書きなさいと言っていた。
彼女達の父親は何をしたんでしょう?

「こころんが自分の気持ちを正直に書き記したから、みんな来てくれたんだと私は思うの」
いいなは、あるとにそう言う。
ここで前回出た、おじいさんやバイクの人が映されるのが、憎い演出してるなあ。
駆けつけた利用者達の全体像が映される。
kokoro02-7
いや、これはいくらなんでも来すぎでしょうwww 街の人口以上来てるだろw


「ココロ図書館へようこそ」
こころは来た人たちにそう言った。


ココロ図書館(2) [DVD]ココロ図書館(2) [DVD]
(2002/02/21)
斎藤千和市原由美

商品詳細を見る


ココロ図書館 ORIGINAL SOUNDTRACKココロ図書館 ORIGINAL SOUNDTRACK
(2001/12/19)
TVサントラ山野裕子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/10/18(日) 08:42:02|
  2. 感想:ココロ図書館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<灰羽連盟 | ホーム | DARKER THAN BLACK -黒の契約者->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akamiri.blog67.fc2.com/tb.php/45-5957451e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。