クオタ機関

アニメの感想を書き殴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

戦国BASARA

第8話 血風大伽藍!小十郎絶体絶命
basara8-1
松永は政宗の変わりに小十郎が来たことを知らせる。
伊達の雑兵程度に、武田が家宝を持ち出すことはないと確信している松永。
普通はそうだけど、親方様は普通じゃないからな。

三好三人衆と戦っている小十郎。
毒の煙を吸い苦戦する。
basara8-2
こんな色した煙は警戒するべきだろw
攻撃を避け、二人倒す小十郎。
三人衆の素顔は案外普通でしたw
「はあああああああ、殺らせてもらううう。うおおおおおおおお」
最後の一人だけ妙に熱血なんだがw

松永の元まで来る小十郎。
今こそ、一兵卒など見捨てるべき時ではないのかと問う松永。
「一人たりとも無駄死にはさせねぇ。それが伊達の流儀。そして政宗様のご意思」
小十郎はそう言って松永に刀を渡す。
その上で、刀と人質を賭けた勝負を申し込む小十郎。
だが、楯無しの鎧を持って来なかった小十郎の勝負には応じようとしない。
そこに幸村が鎧をもって参上する。
basara8-3
二つの宝を手に入れた松永。
「頂いたからには、以上で終わりだ」
松永は指を鳴らし、人質ごと爆発を起こす。
basara8-4
松永悪すぎるよ。

目を覚ます政宗。
「稀なる腹心を得たものよ」
信玄が言うには、銃創への直撃は僅かに避けていたようです。
basara8-5
次の時代を担うのは若い者だと語る信玄。
そう言いながら、何時までも世に憚りそうなタイプだと政宗に言われ信玄は笑う。
信長が松永を生かしていたのは、珍しい不如帰を籠に飼ってみたくなったからかもしれないと信玄は言う。
松永、そんな理由で生かされてたのか……
そして信玄は、魔王を倒した後上洛を賭けて戦うことを政宗と誓う。

怒る小十郎に松永の放った爆弾兵が迫る。
basara8-6
多すぎだろw 気持ちが悪いくらいなんだがw

幸村と協力し戦うが、毒が体に回って松永に攻められる。
そこに、佐助の毒消しの炸裂弾が飛んでくる。
「射干玉(ぬばたま)の闇に光一つ」
basara8-7
毒が消えた小十郎に吹っ飛ばされる松永。
「俺達は唯じゃ朽ちねぇ。己が生きた証を必ず残す。例え形などなくてもな」
そう松永に宣言する小十郎。
小十郎かっこいいよ小十郎。
松永は死体を残さぬよう自爆する。

炎の中から出てくる伊達兵達。
basara8-8
謝る兵に小十郎はよく生きていてくれたと労う。
本当によく生きてたな。
そして幸村は、伊達兵と小十郎の姿に真の宝を見る。

その頃、光秀は東国の連携を断つ為、三河へ向かっていた。

次回予告だとお館様がやばい。まさか死ぬのか。




戦国BASARA 其の四 [DVD]戦国BASARA 其の四 [DVD]
(2009/10/07)
中井和哉保志総一朗

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:戦国BASARA - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/10/11(日) 11:59:57|
  2. 感想:戦国BASARA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<DARKER THAN BLACK -黒の契約者- | ホーム | 無限のリヴァイアス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akamiri.blog67.fc2.com/tb.php/27-355eb5da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。