クオタ機関

アニメの感想を書き殴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Ergo Proxy

第8話 光線/shining sign
センツォン号に乗ってモスコを目指すビンセント。
自分が一人きりだと思うが、ピノを見てそれを改める。
随分やつれてきたなあ・・・・・・、ピノが居てくれるだけ、まだマシな方だと思いますが。
トンネルを出たらそこは戦場だった
ピノの声を聞き、甲板へと出たビンセント。オートレイヴと人間との戦いを目の当たりにする。

「ハロス」の人間達に保護されるビンセント。
食料を与えられ、代わりにロムドの事を話す。
ピノは、自分の見た光の事を話す。
何故、オートレイヴ達と戦っているのかと聞かれ、司令「パテカトル」は答える。
そうした迷いが命取りになるのが戦場だと。
いやいや、理由ぐらいあるでしょうにw それとも誰かの思惑によって戦わされているのでしょうか?

食べ終わったビンセントは去ろうとする。
しかし、ハロス軍はビンセントを戦わせようとする。
やっぱりこうなりましたか。ビンスは、もうちょっと警戒すべきでしたね。コミューンでも一度騙されたんだからさあ・・・・・・

総員43名でオートレイヴに挑むハロス軍。
ちょっと無謀なんじゃないか、こりゃ。
軍の皆に先の戦闘で9名の殉職者が出た事を話すパテカトル。だが、敵の目的が人工母体だと分かっている以上、恐れるに足らないと言う。
ジリ貧に追い詰められているような気もしますが。
更にセンツォン号までも戦争に利用すると言う。
ビンス、「はぁ?」とか言ってないでもっと反対しろよw
人間は勝たねばならないと言い、ビンスも同意を求められる。「君も人間なら分かるだろう」
いや、その人、人間じゃありませんからw

突如、ビンセントを襲う胃痛。
うぅ、胃腸が・・・・・・
てっきりツワリでも来たのかと。いや流石にそれは無いかwww
心配するピノに平気だと言う。「何故だか、縮まった気がした。心を持ったオートレイヴとの距離が」
ええー、こんなんで距離縮まるのかよw
此処も自分の居場所では無かったと思うビンセント。
果たして、この作品が終わるまでに彼の居場所は見つかるんでしょうか?
そう思って歩いていると、いつの間にかピノが居なくなっていた。

ピノは螺旋階段の下で何か光ったと言う。
その下にはうごめく影があった・・・・・・
場面は変わり、センツォン号の修理をしている兵士達。
背後に忍び寄る影。兵士達は無残にも殺されてしまう。
ハチマキに刺されて死ぬなんて、浮かばれない最後ですね・・・・・・ しかし怖いなあ、これは。

殺人の犯人として牢に入れられるビンセント。
作画のせいか、今回のビンスは本当に殺人犯みたいな目つきなんですがw
関わった者に死をもたらしてきた自分の事を、死神だと思ってしまうビンセント。
その時、女が鉄格子を掴み、揺らす。
電波お姉さん
「だんだん見える、だんだん聞こえる、だんだん強くなる。そこかしこで、高鳴りの果て、ついに主は訪れる。暗闇に浮かぶ月の光と共に、ゆっくりと・・・・・・訪れる」
「だんだん・・・だんだん・・・だんだん・・・」
そう言って女は離れていく。
この世界では、今は月は見えない筈なんですよね。パテカテルの言っていた「あいつ」というのは彼女の事かな。

女の言葉を聞いたビンセントは自分の中の「ナニカ」が、殺人を犯したのではないかと思い込む。
ピノ、女の真似なんかしてないでビンセントを何とかしてやってくれ。顔も含めてヤバイ事になっちゃってるからwww
ビンセントを襲う「はじまりの鼓動」
やはりモナドを殺したのはビンセントだったようです。アムリタ細胞は死滅させる事も出来るようですね。
「嫌だ、助けて、変わりたくない。何に・・・、ナニカに・・・、何にでも・・・、嫌だッ!」

とうとう、ハロス内部に進行してくる「アスラ軍」のオートレイヴ達。
普通に人工母体破壊されてますがw ハロス軍、全然ダメじゃんw
そして解放されるビンセントと女。
オートレイヴが彼らを撃たないのは、何故なんでしょう。敵じゃないから?それとも、人間じゃないから?

状況が不利になるやいなや、自分一人で逃げ出そうとするパトカテル。
最低の上司だな、この人w
プラクシー現る
しかし、その前にプラクシーが現れる。
ハチマキじゃなくて、髪の毛の一部みたいですね。まあ、どっちでもいいかw
プラクシーに対して、ミサイルを打ち込むが微動だにしない。
いや、そんな事してる暇があるなら早く発進しろよw 運が良ければ逃げられたかもしれないのに。

女が空を見上げると、墜落するヘリとプラクシーの姿が。
空を仰ぎて、月高く
「月光の代理人」と呟き、女はヘリの下敷きになる。
結局、この人とプラクシーの関係は一体なんだったんでしょうか?頭の悪い私にはチンプンカンプンです。


揺れる炎、エルゴ・プラクシー
そして炎の中、エルゴが現れる。
エルゴのパンチが微妙にショボく見えるのは何でなんでしょうw
どう見てもレイプです
レイプ!レイプ!レイプ!
プラクシーを捕まえ、羽交い締めにするエルゴ。
相手が女性体だけになんだかエロく見えてしまいました。邪な目で見て、ごめんなさいw
仮面を取り、光線を浴びせるエルゴ。
目からビィィイイイム
この光線がアムリタ細胞を死滅させるんでしょうか?ぶっちゃけ、ダサいなあw まあかっこよさを期待している訳ではないんですが。

「その戦いの後、我らの世界に絶対の死を与えん」
凄い生命力してるなあ、このお姉さん。まだ死んでなかったのかよw
死んでいるプラクシーの元にやって来た金髪の男。
手に取りし、切り札
その男が手に取ったトランプにはジョーカーの柄が書いてあった。


1話でプラクシーを一体ですか。今までとは打って変わった展開の早さですね。
これからは1都市に一体プラクシーが居て、それを倒していくという事になるんでしょうか?



Ergo Proxy 4 [DVD]Ergo Proxy 4 [DVD]
(2006/08/25)
斉藤梨絵矢島晶子

商品詳細を見る

Ergo Proxy OST opus01Ergo Proxy OST opus01
(2006/05/25)
TVサントラRadiohead

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/09/06(月) 11:36:40|
  2. 感想:Ergo Proxy
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<SpeedGrapher | ホーム | Speed Grapher>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akamiri.blog67.fc2.com/tb.php/150-1e6a71ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。