クオタ機関

アニメの感想を書き殴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

精霊の守り人

第25話 宴
バルサ、そして狩人達にシグ・サルアを託すタンダ。
狩人達は味方だと本当に良い人達ですね。
「みんな、行こうじゃないか。チャグムが行ったナユグへ」 バルサと狩人達はシグ・サルアを食べる。
バルサは狩人達に、シュガからどう命令を受けているかを聞く。
万が一の時は精霊の卵の事を忘れ、皇子を守れと言われている。それを聞いたバルサはある意味正しい判断だと言う。
自分も万が一の時はそう判断するだろうから、ある意味正しいと言ったんでしょうか?

出血が止まったタンダはラルンガを調べる。するとそこにシュガとトロガイが追いつく。
クマー
ラルンガの死骸に驚くトロガイ。タンダが説明し終えると、森から精霊の卵を宿した熊が現れる。
ラルンガに追われ喰われてしまう熊。こういうのは音だけでも嫌です・・・・・・
ラルンガの口の中から出てきた卵は、石にぶつかり無残な最期を遂げる。
トロガイ達は急ぎ宴の地へと向かう。トロガイ師、タンダのせいで一人だけ走りとはw


トンネルを抜けるとそこは雪国だった
チャグムはとうとうサーナンに辿り着く。一面氷の世界ですか、サーナンは。
氷を砕き現れるラルンガ。チャグムは走って逃げようとする。
サーナンに辿り着いたバルサ達は、チャグムを襲おうとするラルンガを目にする。
「バルサ!バルサ・・・・・・でも、俺は」 戸惑ってるのは、自分が死ななきゃ卵が孵らないからだろうなあ。
ラルンガに火を浴びせる狩人達。水の中に潜ったラルンガは獲物に狙いをつける。狩人達を蹴散らし、ラルンガは卵の下へと向かう。
心臓に悪いよ・・・・・・
うわああああああ、誰も死ななくてよかったあああああ。モンのドアップが死亡フラグかと思った・・・・・・
チャグムと再開し、抱き合うバルサ。「必ず来てくれると思ってた。信じてたよ、バルサ」
これは嬉しいだろうなあ、バルサ。

ジンとスンの攻撃によって、体に火が付くも、すぐに水に潜ってしまうラルンガ。
こういう水や氷がある所では、火による攻撃は効き難いよなあ。
サーナンに辿り着くタンダ達。ナユグでは此処は水の中であると気付いたタンダは、一旦崖の上に上がる事を提案する。

バルサ達が戦っている光景は、シグ・サルアを食べたタンダにしか見えていなかった。タンダは一人、馬に乗って先行する。
続々と集まってくるラルンガ。狩人達の油と矢は最早尽きようとしていた。
漢、モンとジン
「伝説の八武人は、この状況を3日3晩凌いだという。油が尽きようが、薬草師のお陰でナユグのものと斬り結べるようになったのだ。
例えこの身が尽きようと、剣一本で戦い抜くのみ!」

モンのその言葉を聞いて、ジンも言う。
「お頭の言うとおりだ。我らにも出来ぬ筈は無い!」
本当にかっこよすぎです。狩人達の中でもモンとジンは飛び抜けてるなあ。

チャグムを逃がそうとするバルサ。だが、チャグムは卵は此処で生まれたがっていると言う。
「行け、短槍使い!早くッ!」 狩人達はラルンガと戦い始める。頼むから、死人は出ないでくれよ・・・・・・
その光景を見て、チャグムはバルサに言う。
チャグムの想い
「俺もまだ生きたいよ。でも、俺は運命に身を委ねる。俺は皆の犠牲の上に生きることも、ヨゴ100万の民を犠牲にする事も出来ない。
だから、もうこれ以上戦うのはやめてくれ。俺は、俺にしか出来ない事をやる」

そう言って泣き崩れるチャグム。もうどうにもならないなあ、これは・・・・・・、タンダ早くきてくれー。
そこにタンダがやって来る。おお、噂をすれば影w
タンダは精霊の卵を取り出す事が出来ると話す。バルサはチャグムをタンダに任せ、狩人達の援護に向かう。
ラルンガ大量発生中につき
ラルンガ、気持ち悪ううううううううう。何匹いやがるんですか、こいつはw

何も力になれない事に苛立つシュガ。走り出したって何も変わらないと思いますがw
おいでよ、ラルンガの森
バルサ達は集まってくるラルンガと戦っていた。ぎゃああああああああああああああ、いくらなんでもこの数は・・・・・・
その時、日が昇ると同時にラルンガ達の動きが止まる。サグの夜が明けたのだ。
その場にシュガとトロガイが現れる。シュガが走ったのには一応意味はあったのねw
バルサとタンダの共同作業
バルサと共に精霊の卵を取り出すタンダ。ジンかシュガあたりが皇子が痛がってるのを見て、止めるかと思ったんですが、
流石に無かったようですねw
サグム殿下・・・・・・
そしてナージも空を飛んでくる。うわああああああああああ、やっぱりサグム殿下が飼っていたあの鳥がナージだったあああああ。
「空高く卵を投げれば、ナージが銜えていってくれる」 小さい頃に経験してるもんなあ・・・・・・
ナージは暁を飛んでいく。ナージの唄に乗りながら。
そしてやってくる精鋭部隊。本当にいまごろだな、おいw

「終わったんだ。運命との戦いが」
チャグムの目から一筋の涙が垂れる。


いやー、とうとう決着が付きました。そして次回が最終回です。
本当に今まで楽しませていただきました。長かったなー。



精霊の守り人 13 [DVD]精霊の守り人 13 [DVD]
(2008/06/25)
安藤麻吹

商品詳細を見る

精霊の守り人 音楽篇 2精霊の守り人 音楽篇 2
(2007/09/21)
TVサントラタイナカサチ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/05/13(木) 09:26:10|
  2. 感想:精霊の守り人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<精霊の守り人(終) | ホーム | 精霊の守り人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akamiri.blog67.fc2.com/tb.php/147-b5bf569c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。