クオタ機関

アニメの感想を書き殴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

精霊の守り人

第24話 最後の希望
チャグムを追おうとするバルサに、自分も付いていくとタンダは申し出る。
シュガもチャグムを追おうとするが、トロガイによって制止される。
トロガイに秘文の内容を詳しく説明するシュガ。
問題が山積みですね。果たしてムジンが持ってきた秘文によって、全てが解決するんでしょうか?

チャグムを見失ってしまうバルサ達。チャグムは卵によって突き動かされている。夜明けまでラルンガを引き付ける積もりなんだろうとタンダは言う。
バルサ達の前に姿を現す狩人達。彼らもチャグムを見失ってしまった。
一度、青池に戻るべきなのでは、という意見が出るが、ジンとバルサはそれを拒否する。
ジンは本当にチャグム大好きだよなあw
手分けしてチャグムを探すべく、走り出す狩人とバルサ。夜空には青白く、そして薄赤く光る二つ月が浮かんでいた。

小剣を取り出し、卵に問い掛けるチャグム。一応自意識は残されているんですね。切腹するんじゃないかと思ってハラハラしましたw
チャグムアクロバティック
人間離れした身体能力で木から滑り降りるチャグム。かっこいいなあ、けど真似はしたくないw
馬に乗って直走るムジン。急いでくれー。
狩人も負けじとアクロバティック
モンの合図によって木に登る狩人達。あんた達も出来るのかいw
モンは、何故最初に戦った時殺さなかったとバルサに訊ねる。
「これから人を助けようって時に、他人の命を奪ってたんじゃ、人助けの意味が無いって思っただけさ」
それを聞いた狩人達は刀から手を離す。
「もし我らを見下しての事なら、面子に賭けて此処でケリを付けようと思ったが、初めから完敗だったようだ」
モンはこの先、想像を超える戦いになった際、迷わずバルサに付き従うと宣誓する。
これで漸く心からの共同戦線が張れるようになった訳です。あの手強かった狩人達と・・・・・・、感慨深いなあ。
青池で待機していたシュガ達の下に、ムジンが辿り着く。驚くシュガにガカイからの言伝、宴の地は此処では無い事を話す。
「まさか、そのように肝心なところを読み逃していたとは」
全くだよw 一体これは誰が悪いんだ。いや、誰も悪くないのか。


シュガとトロガイ師は仮眠中です(嘘)
秘文を読み解くシュガ。目を瞑っているのに読み解くとは、もしかして点字みたいに指で読み解くんでしょうか?
青池はラルンガの巣だった。そして宴の地「サーナン」は此処より北に20ナンの地だと分かった。
出発の前に先に行ったバルサ達に連絡を取るとトロガイは言う。どうやら、タンダがキーパーソンになるようですね。
チャグムが飛び降りた木へと辿り着くバルサ達。川を遡り進んでいく途中、タンダは水の中から、何かが自分を呼んでいる事に気付く。
はーい、タンダでーす
タンダはバルサを呼び止め、水の中に顔を漬ける。これ一歩間違えばふざけてるようにしか見えないですよw
タンダに近づいてきたのは水の民だった。ここで水の民が来ますかあ、設定がよく活かされてるなあ。
水の民から教えてもらった情報を話すタンダ。最早猶予は殆ど残されていなかった。

少しずつ行軍していく精鋭部隊。ムジンは心配そうに見つめる。あれ、ムジンなんで二人いるの?私が見落としてたのかなあ?
年の差カップルの逢引(嘘)
シュガとトロガイは馬に乗って先行していた。兵士達がちゃんと付いて来ているのか心配するトロガイ。
確かにちびちびと歩いてましたからねえw 道が狭いせいってのもあるとは思いますが。
万が一自分達だけだったとしたら・・・・・・
「考えたくはありませんが、そうなったとしても私は皇子をなんとしても守ります」
かっこいいよシュガ。

サーナンに向けて走っていた一行。タンダ、よく付いていけるなあ。
開けた場所に出ると、チャグムの足取りを探し始める。すると、ジンがチャグムの残した足跡を発見する。
ラルン蟹
その直後、再びラルンガが一行の前に姿を現す。ってラルンガ二匹もいるの!?
狩人達はラルンガに攻撃を仕掛けるも、すり抜けてしまう。
ラルンガを追う狩人達。 「駄目だ、ラルンガがサグに干渉しようとした時でないと」とタンダは叫ぶ。
やっぱり攻撃等の際でないと実体化はしないんでしょう。
特攻上等
タンダはシグ・サルアを食べ、ラルンガに単身特攻する。確かにかっこいいけど、バルサ達に初めから飲ませていれば・・・・・・、という突っ込みは無粋かなw
実体化し、暴れるラルンガ。ラルンガでかいなあw
「タンダアアアアアアアアアアアアアアア!!!」
飲み込まれそうになるタンダを見て、バルサはすぐに駆けつける。
なんだかんだいって、タンダの事が大事なんだなあ、バルサ。
狩人達は、呆けてないで今の内になんとかしろよw

バルサの槍がラルンガに突き刺さり、タンダは投げ出される。
各機、援護しろ!とどめは俺が決める!!
その隙を狙って狩人達が火を発射する。モンはラルンガによじ登り、止めを刺す。
お頭、いいところ持っていきやがってw
何故、ラルンガに干渉する事が出来たのかタンダに問うバルサ。
それはシグ・サルサのお陰だった。だが、それを食べればラルンガに殺される危険が増える。タンダも足に怪我を負ってしまっていた。
うわー、これは痛いよ・・・・・・
バルサに託された最後の希望
「バルサ、この花が最後の希望だ。これで、チャグムを救えるか?」
タンダはバルサにシグ・サルアという希望を託した。



精霊の守り人 12 [DVD]精霊の守り人 12 [DVD]
(2008/05/23)
川井憲次安藤麻吹

商品詳細を見る

精霊の守り人 音楽篇 2精霊の守り人 音楽篇 2
(2007/09/21)
TVサントラタイナカサチ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/05/10(月) 12:00:41|
  2. 感想:精霊の守り人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<精霊の守り人 | ホーム | 精霊の守り人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akamiri.blog67.fc2.com/tb.php/146-7b69ee13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。