クオタ機関

アニメの感想を書き殴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

精霊の守り人

第23話 シグ・サルアを追って
出立の折、二ノ妃と話すシュガ。
命に代えても・・・・・・、と言ったシュガは、生きて帰ってくるよう釘を刺される。
帝の号令によって出発する兵士達。一糸乱れぬ動きが見事です。

作業の最中、突然歩き出すチャグム。
チャグムが外に出て、歩いていくと、驢馬に乗ったトロガイが帰ってくる。
チャグムが歩き出したのは、トロガイ師の気配を察したから?それとも・・・・・・
着せ替えチャグム
トロガイから渡された服に着替え、チャグムは穴から出てくる。おおっ、かっこいいぞチャグム。
チャグムに小剣を渡し、バルサは言う。
「剣の重みは命の重み、その剣はそなたの生であり死である。それを抜く時は自分の命をその刃に託したものと覚悟せよ」
それはカンバルにおいて、一人前になった息子に父親が短剣を授ける際に言う言葉だった。
チャグムは、もう息子みたいなもんですからね。でも、もうすぐ別離の時が来るんだよなあ・・・・・・

目に見えない糸のようなものにより、引っ張られるチャグム。
さっきのはこのせいなのでしょうか?
チャグムの案内についていくバルサ達。母親のような目でチャグムを見つめるバルサに、トロガイは突っ込む。
「一所に留まるのも悪くないよ。子を産んで育てるのも楽しいもんさ」
タンダを見ながら言うってことは、タンダと子作りしろと暗に言ってるって事ですかw
子どもを三人産んだと言うトロガイに、驚くバルサ。失礼だろw いや、私もトロガイ師に子がいるなんて思ってなかったけどさw

タンダに以前の返事は貰ったのかと聞くチャグム。
さっさと娶ってしまえば良いのにと言うチャグムに、「簡単に言うなよ」とタンダ。
確かに簡単に言い過ぎだw こういうところでは、まだまだ世間知らずですね。
長い間共にいる事によって距離が出来てしまったと言うタンダ。
秋の風みたいに穏やかなタンダ
「昔は夏の日差しみたいな燃える思いもあったけど、時が経つにつれ、秋の風みたいな穏やかな思いに変わってきたんだよ。だから、まだこのままでいいんだ」
へタレというか、いじらしいというか。
バルサに聞いてこようか、と言うチャグム。どうしてそこまで思い切れるようになったんだと聞くタンダ。
自分が死んだとしても、何かを残せるんだと分かった。ジグロの話を聞いてから、そう思えるようになった。そうチャグムは言う。
本当に大人になったなあ、チャグム。

行軍する兵士達。短槍使いとは剣を交えぬよう狩人達に命令するシュガ。
皇子の事を出されると、流石に狩人達も弱いなあ。特にシュガ。
狩人達が去った後、選りすぐりの「読み取り」3名を帰りの山道に忍ばせたとムジンが報告する。
うーん、何なんだろう? バルサ達、もしくは狩人達にとって不利になるような事をしてるんでしょうか?

宴の地を目指すバルサ一行。チャグムは、バルサとタンダと手を繋ぐ。トロガイ師が仲間外れにされているような感覚を受けるんですがw
青池へと辿り着いた一行の前に、シュガ達が現れる。
チャグムの前に平伏し、国を救った英雄として還御して頂くと言うシュガ。
相変わらず妙に上から目線
「我らの利害は一致している。何度かの行き違いは会ったが、この者達がそなたらに害する事は最早無い」
掌の返しように文句を言うバルサに、シュガは言う。シュガ、相変わらず偉そうに言うなあw
ラルンガの退治方法を聞かせろと言うトロガイ。シュガはラルンガの弱点は火だと言う。

話の最中、突如走り出すチャグム。池の水の上を、大地と同じように走っていく。
シグ・サルアの花を手に取り、それを口に含むチャグム。てっきり匂いを嗅ぐ程度かと思いましたが、食うのかよw
「違う、違うぞシュガ!」 宮で引き上げを行っていたガカイは、引き上げ班を呼び戻すよう命令する。星読は苦言を呈するが・・・・・・
ガカイ様、一生付いていきます
「貴様らの役目はなんだ!滅んだ国で星を読む気かッ!!サグム殿下、我にご加護を」
そう言って水中へと潜っていくガカイ。ガカイ様かっこよすぎだろ・・・・・・、ここ数話で彼の株が急上昇してますw
青池周辺の森から急に飛び立つ鳥達。
池の中からは、半透明の赤き爪が飛び出してくる。何だか鮫みたいです。
チャグムに向かってくる爪を焼くモン。だが、爪は一つだけではなかった。
どうやら、攻撃する時だけは実体化するようですね。
水の精霊VSラルンガ
水の精霊の殻によって守られるチャグムとバルサ。だが、吹き飛ばされたチャグムは再び走り出してしまう。
シグ・サルアの花を拾い集めているタンダ。おそらく何かに気付いたんでしょう。
水の上へと上がってくるガカイ。馬をとばし、シュガに秘文を届けるよう命じる。
ガカイ様、死なないでくれー。
森の中を走るチャグム。動きが素早いうえに、目から光が無くなってます。
そして秘文を持って、馬を走らせるムジン。帰りの山道に忍ばせた読み取りが、活きてくる展開になるのかな?


とうとう佳境に入ってきました。そしてどうやら次回はタンダが活躍するようです。
果たしてかっこいいところを見せられるのかどうか。まあ、予告を見る限りでは大丈夫だと思いますけどw



精霊の守り人 12 [DVD]精霊の守り人 12 [DVD]
(2008/05/23)
川井憲次安藤麻吹

商品詳細を見る

精霊の守り人 音楽篇 2精霊の守り人 音楽篇 2
(2007/09/21)
TVサントラタイナカサチ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/05/10(月) 09:25:43|
  2. 感想:精霊の守り人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<精霊の守り人 | ホーム | 精霊の守り人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akamiri.blog67.fc2.com/tb.php/145-022ef94b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。