クオタ機関

アニメの感想を書き殴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

精霊の守り人

第11話 花酒をタンダに
タンダは急に倒れたサヤの具合を診ていた。
サヤは「魂抜け」を起こしてしまっていた。

元の家に戻ってきたトーヤに、バルサが話しかける。
「あんな家、一人で住んだって意味がねぇんです」
腹黒女将
トーヤはサヤの縁談を持ち込まれていた。
お相手の若旦那はサヤの年齢を知っているんでしょうか。サヤとは結構年の差があるとおもうんですが。
暗に縁談を拒否するトーヤだが、サヤは縁談を承諾してしまっていた。

サヤが倒れたと聞き、すぐに賭け付けるトーヤ。
見合いを取り止めると分かれば、魂はすぐに戻ってくるのでは、とチャグムは言う。
だが、今のサヤには此方側の声は届かない。

タンダはサヤの魂を呼び戻す為、魂夜這い・・・げふんげふん 正しくは「魂呼ばい」をする準備をする。
「これから始めるけど、誰もこの中に入らないでくれ」 タンダは部屋から人払いをする。
一人、部屋の中に残るバルサ。
命がけの夜這い・・・・・・もとい呼ばい
魂呼ばいは、二度と帰ってこれない可能性もある危険な術だった。
バルサはここで見ててやると言った。

目を開けるタンダ。一見失敗したように感じるが、すぐに成功したと分かる。
タンダが周囲を見渡すと、部屋の隅に蹲るサヤの姿を発見する。
案外近くにいたんですね。
自分が嫁にいかなければ、トーヤが罰を受けるとサヤは言う。
女将、酷い嘘をつきますね・・・・・・
どんだけトーヤが好きなんだw
タンダはサヤを説得していると、そこにトーヤがやってくる。
トーヤの姿を見て、すぐに目を覚ますサヤ。
分かりやすいっていうか、可愛らしいっていうかw

帰れなくなったタンダは昔の事を語る。
「人を助ける為に、人を殺していたんじゃ意味が無い。結局、殺しているほうが多いんじゃないか?」
血だらけで帰ってきたバルサにタンダはそう言ってしまった。
本当はそんな事を言うつもりではなかったのに。
2年前、タンダの所を飛び出してから、バルサは一人も斬らずに戦ってきた。
それはあの時の言葉のおかげだった。バルサはありがとうと礼を言う。
なんだかんだいって仲の良い二人です。

板の隙間から漏れる光を調べようとしたタンダ。
ナユグの光景1 ナユグの光景2
近づいた瞬間、タンダは「ナユグ」に引き込まれてしまう。
非常に美しい世界ですが、それと同時に恐さも感じますね。

握り飯を持ったチャグムが部屋にやってくる。
「本気でなんとかしなくては」とタンダが思っていると、部屋に一匹の蝶が舞い降りる。
蝶は花の蜜に口を付けた後、ナユグへと向かっていく。
それを見たタンダは、ニュンガロイモの卵を通して、チャグムに花酒の事を伝える。
もうちょっと役得があっても・・・・・・
バルサはすぐに生身のタンダに花酒を飲ませ、タンダは意識を取り戻した。
ここで口移しとかじゃないのが、バルサらしいといえばバルサらしいw

帰り道、トーヤとサヤの事について話す二人。
バルサもタンダも色恋沙汰には鈍いですねえ。似た者同士だw
チャグムはそんな二人を見て笑った。




精霊の守り人 6 [DVD]精霊の守り人 6 [DVD]
(2007/11/21)
安藤麻吹安達直人

商品詳細を見る

精霊の守り人 音楽篇 1精霊の守り人 音楽篇 1
(2007/06/22)
TVサントラ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/04/08(木) 10:27:43|
  2. 感想:精霊の守り人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<精霊の守り人 | ホーム | 精霊の守り人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akamiri.blog67.fc2.com/tb.php/133-98ff6643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。