クオタ機関

アニメの感想を書き殴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Ergo Proxy -エルゴプラクシー-

第7話 リル124C41+/re-l124c41+
何だか意味深なタイトルの今回。

ラウルは執國の間で話し合う。
自分の問いに何一つ答えなかった執國。ラウルは舌打ちをする。
執國が外界からの帰還を容認したのは、リルが自分の孫だからでしょうか?

目覚めたリルは早速探索を開始する。
リルはアイシャドウが無い方がやっぱり良いですね。服装もなんだか際どい感じで良いw
子宮前のリルとデダルス
リルが辿り着いた部屋。其処こそがロムド市民が生まれる場所、人口子宮「ウームシス」だった。
どうやらリル達は純粋な人間ではなく、人工的に作られた人間だったようです。気付くの遅かったかなw

デダルスと共に執國の元へと向かうリル。外で何を見たのかを伝える。
「人々が居ました。生活がありました。世界がありました」
何故今までその事実を隠していたのかとリルは問うが、執國は何も話そうとはしなかった。

執國の命はもう長くは無いとクリステヴァに語るラウル。
ラウルは執國に対して反感を抱いたようですね。
プラクシーを追う為、「地下施設に隠された過去の遺物を使う」と言うラウル。
悪役が板についてきた局長
「毒を食らわば皿まで、お前にこの言葉の意味を教えてやろう」

リルが見つけた死んでいた化け物。「モナドプラクシー」と呼ばれていたそれは、モスコドームから奪い取ってきたものだった。
プラクシーはロムドにとっては生命力と言える存在だとデダルスは言う。
検体を構成するのはアムリタという不死の細胞。それを解明できれば・・・。

「あの時、何かが変わった。今までの疑問も答えも必要としなかった生活。ただ与えられた事だけをこなしていれば良かった。今からだって戻れるのかもしれない。でも・・・出会ってしまった。そして外の世界も知ってしまった。一度知ってしまった事から目を逸らす訳にはいかない」
そんなリルの言葉を聞き、デダルスも言う。
デダルス格好良いよ
「僕も同じだ。答えが知りたいんだ。だから此処に居る」と。
多分惚れた手前もあるんでしょうけど。

外の世界。厳しい環境の中、船員は消耗していき、とうとう二人だけになってしまうビンセントとピノ。
二人旅になってしまった・・・
コミューンの人達、せっかく旅に出たのに・・・厳しいなあ。
自分がまた一人になってしまったと思うビンセント。ピノに引っ張られ船へと戻る。

リル達に襲い掛かってくる感染オートレイヴ達。デダルスはオートレイヴに何かが注入されていた事に気付く。
ラウルも手段を選ばなくなってきてますね。
倒れるリル
再び立ち上がったオートレイヴに急襲され、リルは傷を負う。
これはヤバイんじゃないか・・・

船の上で独白するビンセント。BGMが壮大で良い感じです。
「たった一人・・・残された人間が手にしたのは、ただただ考える時間だけ。忘れようとしても思い出せない記憶たち。頭の中に何かのしこりがゴリゴリと残っている。それが何なのか、俺の中に何があるのか。それが分かったところで今更何になる。今更・・・。一人ぼっちになってしまったのに。もう二度と会う事は無いのに。だから、忘れなくちゃいけないのに。あの顔は忘れられない」
ビンセントは最後にリルの顔を思い浮かべる。

コンピューターを操作していたデダルス。その中にはリルの名前があった。
リアル・メイヤー?
うーん、これはどういう事なんでしょう。
本当は「リアル・メイヤー」なる人物が生まれてくる予定だったとか?
リルの生命力の強さも、彼女の出生に何か関係しているんでしょうか?




Ergo Proxy 3 [DVD]Ergo Proxy 3 [DVD]
(2006/07/21)
斉藤梨絵矢島晶子

商品詳細を見る

Ergo Proxy OST opus01Ergo Proxy OST opus01
(2006/05/25)
TVサントラRadiohead

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/01/13(水) 16:49:49|
  2. 感想:Ergo Proxy
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<課長王子 | ホーム | スピードグラファー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akamiri.blog67.fc2.com/tb.php/123-a0304ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。