クオタ機関

アニメの感想を書き殴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Ergo Proxy -エルゴプラクシー-

第3話 無への跳躍/mazecity
夢から目を覚ますビンセント。
近くで鳴っていた電話を取ると、ドロシーの声が聞こえる。

一人、自宅でピアノを弾くラウル。
悲しい演出だ・・・
電話の鳴る音が響く中、怒りの表情を露にする。

ドロシーに呼ばれ、部屋に行くビンセント。
彼が躓いたもの。それは破壊されたドロシーだった。
そこにやって来た武装オートレイヴにより攻撃を受ける。
ビンセントは「違う!」と言って逃げ出す。
おそらく、これは警備局の罠でしょうね。

ラウル宅から逃げ出してきた少女型オートレイヴ「ピノ」
逃走ルートを辿っている途中で、ビンセントと再会する。
転んだピノをちゃんと助けてるあたり、ビンセントはお人好しだなあ。
ergo3-1
ビンセントが持っていた電話を勝手に取るピノ。
この場面のピノは絶妙にウザかったですw
ピノが着ているのは、赤ちゃん用の服でしょうか?
リルに救助を求めるビンセント。
ビンセントはプラグベントから外に出ようとする。

ビンセントは逃走ルートを辿るピノに付いて行く。
その先には、ビンセントの動きを先読みしたリルが待ち構えていた。
ergo3-2
ビンセントを尋問するリル。
「お前も、プラクシーを・・・?」
リルがそう言った時、周りを警備局が取り囲む。
ビンセントはリルが警備局を手引きしたのだと勘違いする。
まあ、勘違いしてもおかしくない場面ですね。

ゲートが開き、吸い込まれそうになるビンセント。
リルはイギーによって助けられる。
ergo3-3
「俺は何時だって良き市民になろうと、自分を殺し、取り繕い、必死に努力してきたんだ。何時だって、何処だって・・・。その結果がこの様か。出来損ないだ、俺は・・・」
ビンセントは自分の性格を、良き市民になろうと取り繕ってたようです。
リルはビンセントを助けようとするが、ゲートが閉まり始める。
「システムを疑う事は無く、全てに従う。それが、良き市民の条件。俺は・・・、良き市民になれそうに無い。最後まで・・・」
ergo3-4
「何故、閉鎖する?奴を取り押さえろ!」とラウルは言うが、これ以上は危険だと言われる。
やっぱりビンセントの事を憎んでいたようですね。
その時ラウルが目にしたもの。それは、ビンセントと一緒に吸い込まれていくピノの姿だった。

「終わり、全て・・・終わり」
ergo3-5
ビンセントは外に向けて身を投げ出した。
いくらなんでも顔が変わりすぎだろwww


次回はどうなるんでしょう。あんな高さから飛び降りたら死ぬと思うんですが。




Ergo Proxy 2 [DVD]Ergo Proxy 2 [DVD]
(2006/06/23)
斉藤梨絵矢島晶子

商品詳細を見る

Ergo Proxy OST opus01Ergo Proxy OST opus01
(2006/05/25)
TVサントラRadiohead

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/11/19(木) 12:25:28|
  2. 感想:Ergo Proxy
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<課長王子 | ホーム | スピードグラファー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akamiri.blog67.fc2.com/tb.php/107-75854716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。